記念盾のすすめ

記念盾があるかないかで催し物の成功が大きく左右される

記念楯は、草野球の大会から、プロのスポーツの大会、文学賞の受賞などの際に、優勝団体や受賞者に送られる贈与品の一つです。そこには、催し物のおこなわれた日付や大会名など情報が刻印され、催し物を成功させるための重要アイテムの一つです。

記念楯は自慢できる

例えば、何かスポーツの大会などで優勝した際に貰える賞品の中で何が嬉しいかということについて考えてみたいと思います。
まず、賞金。お金があって困る人はいるとは考えにくいので、これは確かに間違いなく嬉しいでしょう。ただお金というものは、使ってしまうと当然なくなるものです。
次に、記念楯。これは使ってしまってなくなるようなものではないです。そうして、自分がどのような催し物で、どのような成績を残したかを、ちゃんと記されているために人に見せることもできますし、自慢することも当然可能で、半永久的に承認欲求を満たすことができるでしょう。
もう一つ、表彰状。これも記念楯と似た効果が得られますが。見た目はやや地味になります。

記念楯はお金で買えない

催し物で優秀な成績を残した際に、記念楯と同じくらいの頻度で使われることがあるのがトロフィでしょう。ただ、トロフイについては多くの場合が、その大会の主催団体に返す必要があり、リボンなどに優勝者の成績などを載せてはくれますが、ずっと自分の家に置いとておくことはできません。
そういった意味で、記念楯は非常に受け取る側にとって重要な意味を持ちます。有名なスポーツ選手になると自宅に大量の記念楯をコレクションしていたりします。どんなにお金持ちになったとしても、記念楯を買うことはできないでしょう。そういった理由から、記念楯はお金で買えない価値すらもあると考えられます。オリンピックのメダルにも似た要素があります。

大会を成功させたい主催者にも記念楯は重要な手段

催し物を主宰する側にとっても、記念楯は非常に大きな効果が得られるでしょう。もし、ある地域団体が、地方の老人を対象に素人カラオケ大会を主催しようと考えたとしましょう。主催する資金には限りがあります。同じ一万円を使うのであれば、年金などにより生活に余裕があり、趣味がカラオケで、人前で歌うのが好きな人にとって、 一万円の賞金と大会で優勝したという記念楯どちらがほしいか考えてみます。おそらく後者ではないでしょうか。そういった意味で、記念楯は何かの大会などを主催する立場の方にとっても非常にコストパフォーマンスがよく、効果が期待できるものになります。記念楯の中には、そのカテゴリーの彫刻などが施されたこったものも多く、種類も様々です。

トロフィーやメダルなどの商品を多くのお客様に販売しており、格安で扱っている実績が当社には存在しています。 早期お申込みで30%割引をさせていただきますが、主力商品・サービスは、100%頑張らせていただきます。 当社の対象エリアは、大阪市北区に店舗がありますが、通信販売も行っており、全国への発送が可能となっています。 記念楯をセミオーダーでオリジナル品にしよう